『中嶋と呼ばれる男』の社会人始めて物語杉浦 義教

images


それは、去年の暮の事でした。

日本福祉大学の北村先生が、

㈱ほほえみ に遊びにやって来ました。


北村先生に、

『介護に就職を希望している、

優秀なゼミ生はいませんか?』

と聞いた所、

『優秀なのは居ないねェ

でも、“ゴリ”って皆から呼ばれている学生が

介護に熱い気持ちを持っているよ』

と言われました。


“ゴリ = ゴリラ?”


僕は、皆から親しみを持って

『ゴリラ』呼ばわりされている

その学生に興味を持ちました。


その後しばらくすると

当社の面接試験で『ゴリ』に遭遇しました。

だぶだぶのスーツを着た その青年は、

控えめに見積もっても、

接遇や配慮については、

たくさん覚えてもらう事がありそうでした。

しかし、

『なぜ介護の会社を希望したの?』

の問いに対して

『いやぁ~お年寄りが好きだからです。』

と真っ直ぐに答える所にピンと来ました。

僕は、

『あぁ、この青年は、真っ直ぐだなぁ

そこは、自信持っているんだなぁ』

と思い、

思い切って内定を出しました。


入社後の“ゴリ”は、

見た目によらず、

かなり繊細な青年でした。

介護に熱い気持ちを持ち

繊細な感性を活かしつつ

利用者さんと楽しそうに会話を行っている姿を見ると、

採用して良かったなぁ~

としみじみ感じます。


現在の彼は、

社内部活動の園芸部ブドウ職人

としても活躍中で、

日々、毛虫と戦っております。


夏が終わる頃には、

“ゴリ”が育てたブドウを

眺めつつ

コーラーシャワーによって

収穫の喜びを祝う事を

楽しみにしています。


今日は、“ゴリ”の23歳の誕生日!

社会人となって初めての誕生日おめでとう!


君は、社会人として

まだまだ青い!

これからの小規模多機能向が丘を一緒に作って行く事で

社会人としてより一層

成長してくれる事に

期待してるぜー!
コメントをみる コメントをする
地域密着『進行中』
西くんモデルデビュー!?