探検隊スペシャル!杉浦 義教

234-konjintenagaebi[1]


我々 ほほえみ探検隊は、

伝説の食材!手長エビを求め、

神の宿る川“宮川”へ

隊員6名にて探索に向かった!


杉浦隊員 長尾隊員の2名は

強烈な雨男であり、

宮川へ向かう車中

その呪いのような

激しい雷雨が

我々の行く手を阻むように、

隊員達を容赦なく痛めつける!

「こりゃ~ワイパーきかねぇなぁ…」

隊員達に若干の不安な空気が漂う!

「ゴリのすべらない話無い?」

その時、大野隊員がつぶやいた。

「…!」

ゴリ隊員は、

缶ビール2本を飲み干し、

赤裸々に話し始めた…。

すべらないか…は別として、

隊員達に陽気さが戻る!

ありがとう!ゴリ隊員!


そして、我々6名の隊員は、

宮村隊員のナイスなドライビングテクニックにより

予定時刻の21時25分ちょうどに

現地に到着した。

隊員達がテキパキとゴム長、懐中電灯、エビ網を装着する。

隊員達のテンションはMAXである!

隊員達は各々で、

散り散りに分かれ、思い思いに

伝説の食材“手長エビ”の

探索を始めた。


その時は、突然おとずれた!

水深1mの川の中、

長尾隊員が水に足を取られる!

他の隊員達の見守る中

長尾隊員の長ズボンに大量の水が!

長尾隊員の鍛え抜かれた肉体が激流と戦う!

戦いは、10秒程で決着が訪れた!

ずぶぬれになりながらも、

なんとか長尾隊員が勝利を手中に収める!

「危なかったですねぇ。ハハハ」

乾いた笑いと共に、長尾隊員の顔に笑顔が戻る!


その後の、隊員達は、

雨にも負ケズ、風にも負ケズ、

懐中電灯の電池切れにも負ケズ、

2時間程の探索で

約20匹の手長エビを捕獲し、

高澤隊員発案の

ココイチのお持ち帰りカレーに

舌鼓を打ちながら

帰路についた。


ありがとう宮川!

ありがとう6名の隊員達!

そして、ごちそうさま「手長エビ」!!


次回、長尾隊員に何が!

乞う!ご期待!

コメントをみる コメントをする
『中嶋と呼ばれる男』の社会人始めて物語
1泊2日の研修に行って来ました!