心のゆとりを持つには?竹内 三保子

今日は、温かい日でしたね。

この調子だと ありがたいですね!

話しはさておき、

誰もが急いでいる時って、余裕が、ない時ですよね。

そんな余裕がない時こそ 人柄が、にじみでます。

今日は、その人柄についてお話ししたいと思います。

私は、今日 通勤途中に時間がないにも関わらず、 コンビニに寄りました。


『時間がない!』


これが、人を焦らせてしまします。

私は、コンビニでも買い物も自分本位になってしまい、

レジの待ち時間も (早く~ 早く~)と自分で自分を焦らせてしまいました。

そんな私ですから、レジが終わった矢崎、すぐに車へ向かうのは、当然のこと。

隣りのレジで会計を済ませた 学生らしき男性が、私よりも先にコンビニから出ていこうとしていました。

(早く~ 早く~ (--〆)

またまた私は、こんな気持ちを抱いていまいました。

すると、その学生らしき男の子は、自ら扉を引き、私を先に通してくれました。

私は、『はっ』とさせられたと同時に自分の余裕のなさに初めて気づきました。

そして、他人でも・時間があるなしに関わらず、気遣いを見せられる学生らしき男性の人柄に脱帽です。

意識しないでも、どんな時にでも 相手のことを考えて動ける人=人良い柄になれるように

したい
と思った日でした。

心の余裕を持つことが、ゆとりある介護・仕事ができることを肝に銘じて頑張るゾー



コメントをみる コメントをする
些細な気遣いができるように・・・
BDM