原則の大切さ竹内 三保子

今日は温かい日でした。

利用者様も気温の変化に体も頭も対応しきれてない気がします。
こういったときに我々介護士が、利用者様に成り代わって体調管理ができると良いですね!

いやいや我々が成り代わりましょう。

さて、今日は、先日受けた研修についてお話ししたいと思います。

研修は、7つの習慣ケアというものでした。

それをわかりやすくした内容(介護で働くための人間力・コミニケーション力向上プログラム)になっていました。

みなさんは、本屋で、平積みしてある分厚い本を見たことはありませんか?

研修で教えてもらったことは、基礎原則から7つの習慣についてです。

私たちが生きていくうえで、7つの習慣について知って・理解して、習慣づければ
豊かな心で生活できることは、間違いなしです。

良い機会ですので、研修で理解したことを
私なりに日常の事例を交え、伝えたいと思います。


まずは、基礎原則についてです。


みなさんは、数字探しのクイズをしたことがありますか?

そのクイズは、たくさんの数字が書かれていて、1から順番に探し、
決められた時間内にいくつまで探すことができるか。というものです。

最初は、やみくもに数字を探すのでうまく順番に数字を探すことができませんでした。

しかし、講師の方から、やり方を教えてもらうと、最初よりもたくさんの数字を探すことができました。 


ここで大切なのは、物事には、原則(しくみ・法則)があるととに気づくことです

同じことをするならば、
ただがむしゃらに行うのではなく、
原則(法則・しくみ)を知ったうえで行うと成果が、異なるのです。


原則とは、決まっているもの・変えられないものことをいいます。
特徴として以下の4つが、あげられます。

①場所・時代・文化が変わっても変わらない。
②私たちは、直接影響を及ぼすことができない。
③私たちが理解しなくても受け入れなくても必ず作用する
④理解すれば私たちに大きな力をあたえてくれる。


日常に当てはめて考えると
~使ったら元の場所に戻す~という原則

向が丘の事務所の例で話をすると、
テプラを置く位置・カメラを置く位置・ホワイトボードを置く位置・USBを置く位置など
決められてますよね。
これは、原則を活用し、置く場所を設定することで
私たちに大きな力(効率)を与えています。

私たちは、このおかげで、スムーズに使いたいときに物がつかえています。



もし、私たちは、原則を理解せず、活用してなければ、置く場所を設定することはしていないでしょう。

私たちは、各自が勝手に物を使い
各自の価値観で物を戻すことになるでしょう。
また、私たちは、
どこにあるかわからなくなり、使いたいとき大探しすることになるでしょう。

そもそも ものを探して見つけるまでにかかる時間は、一回につき平均6秒かかっています。

みんながそれぞれに探すとなれば、1日・1か月・1年でどれだけの時間を無駄にしているのでしょうか?



原則を理解し、それに沿った行動をとることで、成果がでやすいことがわかります。



やみくもに行動を起こす前に、原則について考えることをしてみましょう。

コメントをみる コメントをする
聞き取りの大切さ そして 聞き取りは基本
食事の見直し中