地域の方との新たな出会いは、自分たちでつくる竹内 三保子

みなさん おはようございます。

今日の朝、私は、向が丘の玄関で犬の散歩をしている年配の女性に声を掛けられました。


年配の女性『ここの施設の職員さん?』
私『はい。』
年配の女性『きつも綺麗にして 』と花をみて言われました。


綺麗に咲き始めたヤマアジサイ
アジサイ






















今日は、外観をきれいにすることで、新たな人とのつながりができることについてほほえみの行動指針で話たいと思います。

このやり取りを通して私は、
外観をきれいにしていることで
通りがかりる地域の方が見ておられること
施設に関心を持って下さること
会話がはじまることを体感しました。

そして、行動指針の内容に沿った行動をしていることで得た 地域の方の反応だと思いました。


玄関先のあやめ 
あやめ


























ほほえみの行動指針の1番目が、安全です。
安全には、安心できる雰囲気という項目があります。
安心できる雰囲気とは、人や場所の安全が保たれたうえで、信頼関係ができる状態のことを指します。

安心できる雰囲気があったから、年配の女性が、声を掛けてくださったのです。

次にとるべき私の行動は、行動指針の2番目にある接遇です。

良い心の状態を整え
相手に関心を持ち
挨拶をする


私は、行動指針の接遇を意識し、紫陽花のことや朝顔の事をお話し、喫茶に来て下さるように声を掛けました。

行動指針を意識した行動をとることが、 新たな出会いが生まれます。

地域の方との新たな出会いは、自分たちで創れる。

私は、そんなことを楽しみに、行動指針を意識した行動がとれるようにしていきたいと思います。

コメントをみる コメントをする
記憶の残る対応 
食事の見直し中