介護士のお仕事とは~F様との会話のやりとりから~竹内 三保子

こんにちは。

じめじめした季節。洗濯物が乾かない日々が続きます。
お天気を心待ちにしております。

さて7月1日 社会福祉法人にも2名の新卒職員が配属されました。
やはり迎える側としては、本当に嬉しく思います。

特別養護老人ホームのご利用者さまのF様が気分転換でお外に出られベンチで一休みされてましたので
今日、新入社員が配属されることをお話しました。


私  「今日、学卒の新入社員が研修を経て配属されるんです。」

F様 「ほぉかぁ~ そりゃあいいね。」

私  「はい。楽しみです。 今日F様にもお声かけしますので 
    新入社員にお言葉頂いてもいいですか?」

F様 「私が働いていた頃、よく言ってたわ。
    メモをとりなさい。それも要点だけでもいいから。」
   「何べんでも言わないかんし、その都度聞かないあんのは
    かっこわるいから。。。って何べんでも都度都度わかるまで言ってたわ~」

私  「・・・」
    圧巻。
    F様 看護師で生涯定年までされた方です。役職もされてたとのこと。
    看護師魂凄まじいです。そして社会人として人として誇りに満ち溢れて憧れます!!!

    どんな看護師さんだったのか?
    どんな仕事感だったのか?
    どんな価値感を持たれているのか?
    日頃の話を通してもっと知りたいです。
    そして
    私たちにどんなことを教えてくださるのか?
    いや私たちがF様から引き出せるのか? 
    その人らしさや素晴らしい人間性を引き出す・・・
    それこれが本当の介護士の仕事なのではと思いました。
    



   
    
コメントをみる コメントをする
何気ないことに気がつく介護士
7月になりまして