夏なので、ちょっとした恐怖体験。。。宮村美毅

夏の朝

むっとした熱気が玄関を開けたときに家の中に入り込んでくるのがわかる

出勤時

まだまだ眠たい夜明け

外は雨がしとしとと降っていました。

こんな日はなんだか仕事へのモチベーションもあがらないです。

そうは言っても、いかなくてはならないのが”仕事”

いつものように車に乗り込みいざ名古屋へ

と、車を走らせてふと外を見ると ”虹”



そう、なぜだか”虹”好きな宮は、今日の”虹”を見れただけでも

幸せを感じることが出来ました。

っと言うことで

夏休みももうすぐ終わろうとしている今日この頃皆さんはいかがお過ごしですか?




宮はというと、「ちょっとした恐怖体験」をしました。

幽霊とか心霊現象系ではないです。

宮はそういうのは苦手なので。



そう、それは「窒息」です

皆さんもアメを食べていて不意にのどにはってひやっとした体験をしたことはあるのではないでしょうか?!

みやは何で「窒息」しかけたか?!といいますと、

「ライチ」です

ボーっとライチを食べていたとき、不意にむせてしまい、

その勢いで、スポッと、のどの奥のほうへライチがまるっと一個入ってしまいました・・・

それから1~2分

格闘

上に下にもいかないライチが喉の奥にはさまり、

まさに死ぬかと思いました。。。



そんな時、なぜか頭の中には

「チョークサイン」のイラストがぐるぐるとめぐり、

ものが詰まると本当に人は「チョークサイン」のように体が動くのだろう・・・

と冷静に考えていたのが不思議でしたが

体は、顔が紅潮しもうすぐ血の気が引くのではと思うところで、

なんとかライチが胃のほうへ移動してくれたようで

難は過ぎ去りました。

食事介護をしていて怖い「窒息」

自分の身に起こるとなおさら怖いと思う出来事でした

窒息をさせないように、そしておいしく食事を召し上がっていただくように

工夫をしながら今後も介護に当たらせていただきたいと思う今日この頃でした~。







コメントをみる コメントをする
夏祭り in向の山
ハロウィーン!!