小心者宮村美毅

暦の上ではすでに秋。

立秋過ぎてなお、熱い毎日。

いかがお過ごしでしょう?

宮は先日急に体調を壊し、腹痛に襲われました。。。

このような腹痛は、小学生ふりでした。

全身から冷や汗が出て

いや~死ぬかと思いました。

今は少しずつ回復の方向に向かいつつあります。

もともと痛みに対して極端に弱い宮です

生まれてこの方点滴も打ったことがありません。

(ある意味健康でありがたいのですが・・・)

だからこそ細心の注意を払い、いろいろなところで怪我をしないように日々生きています

こんな小心者の性格を学生のときは男らしくなくていやだな~と思っていました。


しかし、現在は少しだけ見方が変わりました

介護をしていて、「怪我をしたくない」という強い思いが

相手にも怪我をさせたくない。痛い想いをさせたくない。と思うようになり

もともと小心者の宮は細心の注意を払いたがります。

例えば「移乗」

手のここら辺りを持つと痛いかな?

足はフットレストに当たらないかな?

動線は最短のルートを選択しているかな?

利用者さまの手は大丈夫かな?

移動したときに、肘掛にあたらないかな?

座布団はずれていないかな?

足のつめは引っかかりそうにないかな?

急な動作は、血圧の変動があるから気をつけなくては

などなど気になることがたくさんあります。


その結果、介護の技術の向上すこしは役立っているのかと思います。


自分の性格をけして「良い」と思ったことはありませんが

「小心者」だからこそ出来ることもあるのだと少し受け入れれた感じがする今日この頃です

性格は簡単には変えられませんが、見方は変えれるのかも知れませんね。









コメントをみる コメントをする
いろいろありまして
西くんモデルデビュー!?