なつのおもいで宮村美毅

7月がもうすぐ終わろうとしています。

早いものです。

梅雨は明けましたが、なかなかすっきりとした日にならず、もやもやした日が続いていますね。

夏の予定は、皆さんはもうすでに計画済みでしょうか?!

昨日、スタッフさんが利用者の皆さんに「夏の思い出」を聞いていました。

夏の思い出・・・

小さなころ、

かぎっ子だった自分は

家の鍵を、どこかで落としてしまい

どうしていいか迷った自分は、10km以上はなれた、

母親の仕事場に歩いていくという結構無謀なことをしました。

知っている道が国道しかなく、国道を歩いていると

パトカーが横に・・・

「補導?」「保護?」され

パトカーに乗せていただき母親の仕事場に・・・

母親も何事かと思い驚いた表情をしていましたが

警察官に、「怒らないでくださいね」と言われ、小さな自分はきっと後から怒られると思っていましたが、

母親は「馬鹿ね」っとひと事。

そんなことを思い出していました。

人それぞれ歩んできた道の時間だけ思いでもあると思います

そしていろいろな経験も


昔の経験や技術はなかなか忘れません

それがたとえ病気になっても

先日、フロアで編み物のボランティアさんと一緒に編み物の話をしていました。

利用者さまは編み方は「忘れたわ」といっていましたが

見事に編みこんでいました

ボランティアの方もこういう編み方ははじめてみたわ。と驚いていました

そして編んでいるときの集中力。

本当にすごいですね。

こういう経験や技術を活かして介護をさせていただきたいと思うのでした








コメントをみる コメントをする
宮澤出張です!
西くんモデルデビュー!?