社福に新しい仲間竹内 三保子

みなさん お楽しみ様です。

社福に新しい仲間が、加わりました。

“めだかちゃん”です。

社福メンバーにとって

植物のお世話は、慣れてきたところです。少しずつですが、植物の気持ちを考えるようになりました。

そして、植物の奥深さを知り みんなで花が咲いた!!・芽がでてきた!!と

一喜一憂して面白く取り組んでいます。

めだかちゃん

 

今度は、生き物のお世話にみんなで挑戦です。

ちなみにエサは、耳かき分の半量

エサの場所は、外のジョーロなどが置いてある所です。

 

声なき声に耳を傾ける

 

これが目的です。

 

植物・生き物のお世話をすることで

声なき声に耳を傾ける意識(関心)をつけ、

ほほえみにかかわるかt利用者さまのことに配慮できるようにみんなでしてきましょう。

 

 
夏といえば盆踊り
何の秋?